2009年12月11日

〜えがおで、ごはん。〜第12回【忙しいママにもできる、グリルドチキントマトソースのせ】

 title=

ある年のクリスマス。

クリスマスケーキを父が予約してきたという。
いよいよ当日、ワクワクしながら窓の外を眺め、届くのを待った。
外はすっかり暗くなり、いくら待ってもケーキは届かない。
母が店に電話して尋ねてみると、もうお届けしましたとの返事。おかしいなあ。
しばらくすると近所の同じ苗字の方から連絡がきた。
「お宅のケーキが間違ってうちに届いていますよ」
父が仕事の帰りにそのお宅に寄って引き取り、無事 我が家にクリスマスケーキが届いたのだった。
フタをあけたときの感動は今でも忘れられない。
それは真っ白な生クリームたっぷり、大きなイチゴがたくさん乗った大きなケーキ。
キャンドルをつけて、きよしこの夜を歌って、切り分けてもらったケーキの大きなことといったら。
忘れられないクリスマスだった。

今年は、平日でも帰宅してから簡単に作れるチキン料理を考えてみた。
オーブンで焼いている間に他の支度もできてしまうからとても助かる。
おいしいフランスパンとシャンパン、サラダとケーキを用意して、今年もメリークリスマス!
年に一度だからこそ、ムスメにもクリスマスの思い出を作ってあげたいと思う。

もちろん、クリスマスプレゼントもこっそり用意しておかなくては。
 

                                                  (ちるにー)          

【レシピ】グリルドチキン トマトソースのせ

■ 用意するもの (2〜3人分)
鶏モモ肉 1〜2枚 塩 コショウ(下味用) 
市販の基本のトマトソース 1缶 赤ワイン 少々(なければ日本酒でも可)
ニンニク 1かけ スパイス(オレガノ バジル ローズマリーなど)オリーブオイル

■作り方
1.鶏モモ肉は余分な脂(黄色い脂肪の部分)を切り取り、
 皮の方から包丁かフォークの先で何カ所か刺し、
 身の側は2センチ間隔くらいで切り目を入れて火が通りやすくする。
 塩・コショウを振って下味をつけておく。
 ニンニクはみじん切りにしておく。

2.オーブンを220度に予熱しておく。フライパンにオリーブオイルを熱し、皮の方から焼く。
 焼き目がついたらひっくり返して身のほうも焼く。

3.余熱されたオーブンに鶏モモ肉を皮を上にして入れ、20分ほど焼く。

4.フライパンの余分な油を拭き取り、にんにくを軽く炒める。
 「基本のトマトソース」を一缶フライパンにあける。煮立ったらワインをい入れ、アルコールを飛ばす。
 塩、コショウ、スパイス類(オレガノ バジル ローズマリーなど)で味を調える。

5.鶏モモ肉が焼きあがったら、温めておいた皿にのせ、その上からトマトソースをかける。

☆ポイント&アドバイス
・トマトソースを最初から作ってももちろんOKです。
 トマトソースは使い回しができるので時間があるときに作り置きをおすすめします。
 しかし、今は時間がなくてもそれなりにおいしいトマトソースが作れるベースが市販されているのです!
 活用しない手はありません。
・おいしいワインとフランスパン、グリーンサラダを用意すれば
 クリスマスディナーが平日でもできてしまうおすすめのメニュー、ぜひお試しください。
 


posted by ちるにー at 14:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 旧zoom:えがおで、ごはん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

〜えがおで、ごはん〜第11回【お弁当だいすき! のりたま弁】

 title=

書店でお弁当についての料理本を多く見かけるようになった。
表紙に昔自分が幼稚園の時使っていたものと同じアルマイトの、
シンデレラの柄のお弁当箱を見つけた時には、懐かしくて思わず手に取った。
「キャラ弁」という ものすごく凝ったデコレーションの本。
作るのには かなり時間がかかりそうだが、こどもは喜ぶだろう。

男性向けのお弁当の本もある。お弁当を作ってくる男性を最近は「弁当男子」と呼ぶらしい。
海外でも、日本のお弁当本は人気があり よく売れていると聞いた。
お弁当箱という限られた空間に いろいろなものを詰め込んだ日本の文化だと胸を張りたい。
どんなにおいしいランチでも、外食が続くと飽きてしまうのに、
前の晩の残り物が入っていても、手作りのお弁当はまったく飽きないと思う。

おかずの定番には いろいろある。卵焼き。たこのソーセージ。生姜焼き。
自分が一番好きなのは「のりたま弁」だ。
ごはん、のり、お醤油、ごはん、のり。一番上に炒り卵。それだけなのに、絶妙なハーモニーを醸し出す。
お昼の時間が来て、お弁当の蓋を開けるときのワクワク感。
作る側も、食べる人が開けるときの気持ちを思って作る。
愛情込めて詰める日本のお弁当文化が広まるのはとても素敵なこと。
毎日お弁当を作るのが理想だけど、
ときどきはおしゃれなお店でランチもしたいと思ってしまう自分は本当に食いしん坊だ。

【レシピ】
 〜ちるにー家の のりたま弁当〜

(用意するもの)
炊きたてごはん 焼のり 卵 しょうゆ 砂糖 塩 酒

1.お弁当箱にごはんを薄く敷き詰める。焼のりを食べやすい大きさにちぎって一面にのせる。しょうゆを軽く振りかける。
2.その上にさらに薄くご飯を敷き詰める。同じように焼のりを食べやすい大きさにちぎって一面にのせ、しょうゆを軽く振りかける。
3.卵2個を割りほぐし、砂糖小さじ1、塩ひとつまみ、日本酒少々を入れて混ぜる。
フライパンを充分に熱し、少量の油でいり卵を作る。あまり熱が通り過ぎないうちに火を止めて余熱でふんわりと仕上げる。
4.最上段にいり卵をのせる。よく冷ましてから ふたをする。


☆ポイント&アドバイス
お父さんでも作れる簡単なお弁当です。ぜひお子さんに作ってあげてください。
さらに手を加えるなら、鶏そぼろや鮭フレークを添えてもいいでしょう。彩りに紅ショウガを添えてもきれいです。
posted by ちるにー at 14:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 旧zoom:えがおで、ごはん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

〜えがおで、ごはん。〜第10回【ママの代わりに作るペンネアラビアータ】

 title=


家に着いて、荷物を置く。
もう泣きだしそうなくらい、クタクタだった。

いつもと様子の違う帰宅に
ママ、どうしたの?と
ムスメが飛んできた。
顔を見るなり、手を引いて寝室へ連れて行ってくれる。
ママはちょっと寝てて。いいからいいから。
ムスメに笑顔で そう言われて、そのまま ストン、と眠りに落ちた。

どのくらい眠っていたのか。
ニンニクの いいにおいが漂ってきて目が覚めた。
オットも帰宅していて、食卓の準備はすっかり整っている。
ムスメはどうやらパスタを作ってくれているらしい。
ペンネアラビアータ。
いつも冷蔵庫にあるベーコンと、買い置きしてあったトマトの水煮缶、タマネギで簡単にできる。
でも、ムスメが ひとりで作るのは初めてだった。

「ママー、できたよー」 と
ムスメが呼びにきた。
席について、ありがたく、いただきまーす。
うまくできたかな?と不安そうな顔のムスメ。
おいしい。すごく おいしい。
実はちょっっぴり塩気が足りないけど、
さっと作ってくれた その気持ちがうれしくて
帰宅時とは別の意味で また泣きそうになる。
すっかり助けてもらっちゃった。ありがと。
疲れたときは、また甘えさせてもらおうっと。


【レシピ】

■ペンネアラビアータ

1.ペンネを茹でるお湯を大きな鍋で沸かし始める。
2.ソースを作る。ベーコンは5mm幅、タマネギは薄切りにする。ニンニクは みじん切りにする。
3.鍋にニンニクとオリーブオイルを入れて中火で熱する。ニンニクのいい香りがしてきたら、ベーコンを入れる。ベーコンの油が溶けていいにおいがしてきたら、タマネギも入れ、炒める。タマネギがしんなりしてきたら、トマトの水煮を手でつぶしながら入れ混ぜ合わせる。よく混ざったら塩小さじ1/2をいれて弱めの中火で20分ほど煮込む。
4.ペンネを茹で始める。袋に書いてある時間より気持ち短めに。
5.ペンネが茹で上がったら、ざるで湯を切り、ソースの鍋に入れて混ぜながらソースを吸わせる。

★ポイント&アドバイス
・ペンネはペン先の形をしてたパスタ。マカロニのように小さなお子さんでも食べやすい形です。
・アラビアータは本来は辛いソースですが、子どもがいるので我が家では唐辛子をいれずに、食べるときにそれぞれが加えています。
お好みでニンニクを炒めるときに鷹の爪を入れれば本格的です。
・ソースと合わせるときに火を加えるので、ペンネを茹でるときはやや固めに。これがコツです。
・残ったらホワイトソースとチーズを かけて、グラタン風にしてもおいしいです。
・このソースはペンネだけでなく、スパゲッティーニ(普通の長い麺)と合わせてもおいしいです。

posted by ちるにー at 19:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 旧zoom:えがおで、ごはん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。