2014年08月12日

ランチに そうめん。

ランチといっても 自分で作るお弁当です。
夏場はおかずも傷みやすいし 食欲も落ちるし
ということで
たまたま雑誌でみつけた そうめんのお弁当を試してみたら
これが今の季節に とてもいいのです。

ようするに「ぶっかけそうめん」。
そうめん一束を一人分としてゆでます(食欲と体格に応じてお好みの量をどうぞ)
ゆで上がったら流水で洗って良く水をきり お弁当箱の底に敷き詰めます。

上に乗せる具は 何でもいいのです。
たとえば
薄焼き卵とキュウリと蒸し鶏とか

のこった枝豆(さやから出す)と
焼いて5ミリ幅くらいに切った油揚げとミョウガのせん切り とか

豚コマ薄切り肉をしゃぶしゃぶ風にゆでて野菜と一緒に乗せてもいいし

冷蔵庫にある野菜とか残り物とか
とにかく乗せて乗せて

タレは別の容器に入れて持っていき
食べる直前にかけて混ぜて食べます。
そうめんはタレをかけて混ぜるとほぐれます。
そばだとこれがうまくいかない。

そうそう 揚げ玉を加えるとコクがでますよ♪
ときどき総菜売り場で揚げ玉を買ってきて冷凍しておくのですが なかなか便利。
しかもお安いし。

職場に冷蔵庫があるので タレは冷やしておきますが
ない場合は タレを凍らせて持って行くのもいいかもしれませんね。
お昼にはちょうどいい感じに溶けているでしょう。

試してみてくださいね♪







posted by ちるにー at 21:11| Comment(0) | カンタンおかず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

ブルスケッタ。

ここでも何度も書いていますが ムスメは(基本的に)野菜が嫌いです。
でも 提供のしかたによっては 食べます。(ああ めんどくさい)
セロリだってカレーにしちゃえば食べるし
ニラだってネギだって餃子にすれば食べる。
 
で トマト。
トマトは一年中出回っていますが やっぱり何と言っても今が旬ですね!
新鮮で熟した地元産の真っ赤なトマトが安く手に入ります。
でもこれをただ切ってサラダの上にのせただけでは ムスメは食べてくれない。
どうするかというと
「ブルスケッタ」にすれば食べるんです。
オリーブオイルに刻んだニンニクと塩コショウ、ローレル、鷹の爪を入れて
トマトを1cm角くらいに切り、漬けます。
これをフランスパンなんかに乗せて食べるのが彼女のお気に入り。
難しい料理でもなんでもないので 
熟したトマトが手に入ると この時期はよく作っています。
 
そういえばわたしもこどもの頃 トマトが嫌いでした。
その頃のトマトは今よりもずっと酸味が強かったように思います。
そんなある日 母が冷たく冷やしたトマトにお砂糖をかけて出してくれました。
食べてみるとそれは まるでフルーツのように甘くておいしかったのを鮮烈に覚えています。
しばらくはその食べ方がお気に入りで わたしはすっかりトマト好きになりました。
手間はかかりますが トマトを湯むきしてシロップ煮にしてもきっとおいしいと思います。
なんとかしてこどもに野菜を食べてもらいたいという思いは
お母さんに共通のものなのですね。
 
それにしてもなぜカフェでは付け合わせのサラダを食べるのだムスメよ。(泣)


 
posted by ちるにー at 20:08| Comment(0) | カンタンおかず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

塩レモンと鶏胸肉の大根サラダ。

2014-07-08 18.34.50-1.jpg

また塩レモンですよ。また鶏胸肉ですよ。
だって冷蔵庫にあるんだもん。
もういっそのこと 「塩レモン」カテゴリを作っちゃいましょうか?

昨日 大根が安かったので
1本買っておいたのでした。
なので大根のまんなかへんを千切りにして
(おろしにするなら先っちょがおいしいですよね)
ちょっぴり塩をしてもんでおきます。

普通 大根サラダを作るときは
(いただきものの)ホタテの缶詰とか ツナ缶とかで作るのですが
あいにく在庫がなく
あ でも 
ホタテがなければ鶏胸肉があるじゃない!!!
(by ちるにー・あんとわねっと)

大根が しんなりしたら
ボウルに大根と鶏胸肉を裂いたものと塩レモンを刻んだものを合わせて
マヨネーズであえます。

はい これだけっ!

白っぽいお料理なので
黒っぽいお皿に盛って
パプリカをちょっとかけてお化粧。

めしあがれー。

注意:塩レモンは けっこうしょっぱいので控えめに。




posted by ちるにー at 20:17| Comment(0) | カンタンおかず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。